道徳規範と宗教が反ギャンブル法令施行の根拠となっています。事例には、ギャンブルが趣味ではなく犯罪となってしまったときの人々への影響が示されています。依存になってしまうと、ギャンブルは人生にの影響を及ぼすことがあります。 

あらゆる文化と同様に、ギャンブルに反対する宗教はギャンブルを悪徳あるいは罪と見なしてきました。ギャンブルを禁止している国があるのはこれが主な理由です。ギャンブルはオンラインの流れにも対応してきたため、オンラインギャンブルが禁止されている国も7カ国あります。ポーランド、アラブ首長国連邦、シンガポール、北朝鮮、キプロス、カンボジア、ブルネイ等の国です。バチカン市国、パキスタン、アルジェリア、ケイマン諸島、アフガニスタン、インドネシア等、ギャンブルを公式に禁止しています。 

一部の国でギャンブルが禁止されている理由は道徳規範、宗教、文化上の理由によるものです。最近キャニオンニュースが発表した記事では、イギリス人の取り澄ました態度と、イギリスが最もギャンブルが盛んな国であるという事実は互いに矛盾するように見えると指摘しています。 

いくつかのギャンブル規制法令 

1. カンボジアの1996 Suppression of the Gambling Actでは国民のギャンブルを禁止していますが、同国を訪れている観光客や外国人は対象となりません。 

2. シンガポールのPrivate Lotteries Actでは私的イベントについては許可を得ればよいため、厳格なものではありません。Common Gaming Houses Actは公営宝くじを規制しています。  

3. キプロスの2012 Betting Lawは国民のギャンブルのほとんどを規定するものです。最大50までのマシン、スロットおよび端末ベースのゲームを許可する規制を定めています。 

4. ポーランドの2009 Act on Gamblingでは物理的施設およびオンラインでのギャンブルが合法化されていますが、これらは政府により制御されています。 

5. ブルネイのCommon Gaming House Actは、イスラム国としての厳格な反ギャンブル法令です。 

フィリピン、日本、カザフスタン等の国ではオンラインギャンブルは違法ではありません。中国、マカオ、タイ、シンガポールでは一定の制限の下許可しています。 

異なる階級に応じて様々なギャンブルの形があります。お金持ちも貧しい人も共通して行うもの、それがギャンブルです。ベット数、ゲーム、プレイ回数等は違っても、ギャンブルは万人にとっての数少ない共通活動なのです。 

ギャンブルと慈善活動 

これまでもギャンブルを適切に規制しようという試みがなされてきました。そのような実際的な措置、多くの国ギャンブル産業を確固とした財源とするために有益と見なされています慈善活動や政府プロジェクト、非政府組織資金調達までもが、ギャンブル存続を支持する要因となっています。 

一部の国では、国民を利するための慈善プロジェクトの資金調達手段としてギャンブルを合法化しています。多くのカジノやギャンブル施設がチャリティ団体に積極的に巨額の寄付を行っています。これはギャンブル合法化のメリットの一つです。しかし最も重要なこととして、ギャンブルを違法にすることは責任ある国民に課せられた限界や制限を知らしめるという点で悪いことではありません。 

Leave a Reply