行政訴訟判決

行政訴訟判決

  • ◆S53. 2. 8 広島高裁松江支部 昭和51(ネ)74 土地所有権確認等請求控訴事件(2)

 

前ページへ  次ページへ

認する。被控訴人は、控訴人らに対し、右第一目録記載(一)の土地につき、鳥取地方法務局昭和四二年一二月二日受付第一六九六六号同年四月二九日付売買を原因とする所有権移転登記の抹消登記手続をせよ。被控訴人は、控訴人らに対し、右第一目録記載(二)の土地から、前記図面記載の(イ)(ロ)(ト)(ニ)(ホ)(ヘ)(イ)の各点を順次直線で結んだ範囲の土地五一・五〇平方メートルを分割し、右範囲の土地につき、前記法務局昭和二八年六月三〇日受付第四六八六号昭和二二年九月一〇日付売買を原因とする所有権移転登記の抹消登記手続をせよ。被控訴人は、控訴人らに対し、原判決別紙第二目録記載の各建物のうち、前記(一)の土地七七・七五平方メートルの上にある部分を収去して、右土地を明け渡せ。訴訟費用は第一、二審とも被控訴人の負担とする。」との判決

(二) 被控訴人
主文同旨の判決
二 当事者双方の主張及び証拠関係
当審における証拠関係を次のとおり付加するほか、原判決事実摘示のとおりであるから、ここにこれを引用する(但し、原判決四枚目表一一行目から一二行目にかけて及び同一〇枚目表二行目から三行目にかけて「保留地の変更通知に対する通告」とあるのを、いずれも「保留地の変更通知に対する通告について(回答)」と改め、同五枚目表四行目の「知悉しながら、」の次に「被控訴人の本件土地を取得しようとの企図に応じて」と挿入し、同六枚目表八行目の末尾に「しかも、右飛換地をするこ

とについて土地区画整理審議会の同意も得ていない。」を付加し、同八枚目裏一一行目の「R一六」を「R一六の一」に、同一二枚目表一行目の「さきに亡A名義」から三行目の「差し引き」までを「さきに亡A名義で譲渡予約をした保留地二三坪五合に対する対価として予納されていた二万三五〇〇円を差し引き」に訂正する。)。
(証拠関係)(省略)
○ 理由
当裁判所も控訴人らの本訴請求はいずれも棄却すべきものと判断するが、その理由は次のとおり訂正、変更するほか、原判決理由説示と同一であるから、ここにこれを引用する。当審において提出、援用された

前ページへ  次ページへ