行政訴訟判決

行政訴訟判決

  • ◆S53. 2.14 東京地裁 昭和52(行ウ)68 列車運行表の認可処分等差止請求事件(2)

 

前ページへ  次ページへ

新東京国際空港の供用開始期日の告示をしてはならない。
2 被告東京陸運局長は、訴外京成電鉄株式会社の新東京国際空港関連列車運行表の認可をしてはならない。
3 訴訟費用は被告らの負担とする。
二 被告ら
(本案前)
主文と同旨
(本案)
原告らの請求をいずれも棄却する。
訴訟費用は原告らの負担とする。
第二 当事者の主張
一 請求原因
1 東京都心から千葉県内を通つて新東京国際空港(以下、「新空港」という。)に至る主要道路は、東関東自動車道と接続する京葉道路と国道一四号線の二本であるが、これらの道路の自動車通行量は現状においても極度に多く、既に過飽和状態にある。まして新空港が開港されるならば、これら道路の交通事情はいつそう悪化し、両道路とも破滅状態

に陥ることは衆目の一致するところである。また、訴外京成電鉄株式会社(以下、「京成電鉄」という。)は、新空港、上野間の電車の運行本数を現行の一三二本(勝田台駅通過数)から一八三本に増発することを計画しており、運行本数は未確定であるとしてもダイヤの過密化は必至である。
2 ところで、市川市内の道路で、京成電車の踏切遮断、国道一四号線の交通渋滞の影響を受け現状において既に著しい交通渋滞が生じている県道としては、県道市川・松戸線(京成バス市川―松戸線)、県道市川・鎌ケ谷停車場線(京成バス市川―国分高校・操車場線)、県道市川・柏線(京成バ

ス本八幡―高塚・大町線)の三本がある。
県道市川・松戸線についていえば、市川橋付近での国道一四号線の混雑のため、毎日の通勤、通学時に住民を運ぶ京成バスは市川駅を目前にして一ないし二キロメートルの交通渋滞にまき込まれて遅々として動かない状況にあるし、同様に、県道市川・鎌ケ谷停車場線も国道一四号線の混雑に加え京成電車の踏切遮断のために、特に午前七時三〇分から同九時までの間は、三・六キロメートルのバスの運行に五〇ないし六〇分の時間を要する状況であり、また県道市川・柏線も六〇分につき約三〇分の京成電鉄軌道の踏切遮断及び国道一四号線との交

前ページへ  次ページへ